診療時間
AM9:30~PM1:00
PM3:20~PM7:00
  当院でのうつ病治療

当院でのうつ病治療

薬物治療

現在のうつ病の治療の中心は、抗うつ剤による薬物療法です。当院でも薬物療法を中心とした治療を行っています。

うつ症状の原因となっている脳内神経伝達物質のバランスの乱れを整えるために、抗うつ薬による薬物療法を行います。抗うつ薬にはSSRI(選択的セロトニン再取込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬)、三環系抗うつ薬などがあり、ほかに症状に合わせて抗不安薬や睡眠導入剤などが使われることもあります。
患者さんによって適したお薬は違ってきますし、同じ方でも病気の段階によりお薬が変わってくることもあります。

抗うつ剤には様々な種類がありますが、どのタイプが合うかは患者さんによって異なります。向いていると思われる薬を医師が選択し、効果や副作用の様子を見ながら量や種類を調整していくことになります。

またうつ病はお薬だけでなく、精神療法を併用して行っていくことも重要です。とくに最近はうつ病に対し、認知行動療法という精神療法の効果が評価されています。

心理療法

薬など身体に直接働きかける方法を使わずに、話をしたり、話を聞いたりすることで治療する心療内科の独特の方法を心理療法と言います。

心理療法には大きく分けてふたつの方向性があります。
1つは支持的精神療法と呼ばれており、治療者は患者さんの話すことに耳を傾け、共感をすることで、サポートします。
自分の考えに自信を持つことができない方や、様々な考えで混乱している方に適した治療法です。

もうひとつは治療者がもっと積極的に助言する方法であり、認知行動療法がその代表として挙げられます。
認知行動療法とは物の感じ方、行動の習慣、考え方を変化させるための集中的指導を受ける治療法です。

他にも様々な方法による心理療法があり、それぞれが支持的な方向性と指導的な方向性を少しずつ持ち合わせています。

リハビリプログラム(リワーク)

うつ病や不安障害で休職・退職された方で、復職を目指す方を対象にした、職場復帰支援専門のデイケア(リワークプログラム)です。
詳しくはこちらをご覧ください。

再発予防プログラム

当院ではうつ病や不安障害によって休職・退職された方が復職した後に再度うつ病などにかからないよう、再発防止のためのフォロープログラムを土曜日に実施しています。これは働く方を対象にした、ストレスへの対処方法を身に付けていただくためのプログラムです。
詳しくはこちらをご覧ください。

TOP