診療時間
AM9:30~PM1:00
PM3:20~PM7:00
  治療期間について

治療期間について

治療期間

うつ病の患者が、社会復帰するまで、また完治するまでに必要とする治療期間は、それぞれ個人差があって、一概には言えません。うつ病の初期段階で受診をして、薬物療法や心理療法を受けながら仕事を続けている人もいれば、1~3ヶ月間ぐらい休養をした後に、復職する人もいます。また、治療薬を何年も服用しても完治せず、治療をずっと続けている人もいます。

通常、入院をして長期の療養が必要となった患者の場合は、病院での療養期間は3カ月程度をひとつの目安にして治療が行われます。診察を開始して初めの3カ月で症状が改善しなければ、さらに3カ月間の治療期間をとって療養を続けていき、それを繰り返す場合もあります。うつ病の危険な状態が解消されても、うつ病自体の症状は段階を経て徐々に改善していくため、治療期間が長くなります。回復傾向であり、自宅での療養に支障がなければ、退院して自宅で療養しながら、通院治療を継続します。通院は、数週間から数カ月かかる場合もあれば、数年を経てようやく社会復帰ができることもあります。

さて社会復帰を果たした際には、会社側や家族のうつ病への理解と協力が必要となります。特に、会社勤めの人の場合、出社してその日からフルタイムで勤務することは、心と体に大きな負担がかかるため、最初は勤務時間を短縮してもらったり、仕事内容も軽くしてもらったりなどして、リハビリ程度の短縮された勤務の出勤から始めて、少しずつ体調を馴らしていくことが好ましいです。うつ病は、昨日は調子が良かったの、今日は気分が落ち込んで辛い、という体調の変化が起こる病気です。そうなると、出勤するどころか起き上がることさえも辛いときがあります。こういったうつ病の特徴を、家族や周りの人達が理解して、ストレスを感じさせない人間関係や職場環境、また仕事内容などに配慮し協力することが不可欠です。無理をすると、うつ病症状の再燃や再発にもつながってしまいます。さらに退職も余儀なくされることもあります。

また、治ったと思っても、医師から服薬の継続を指示されている薬については、自己判断で決して止めないでください。服薬を中止すると、うつ病の再発や悪化につながる恐れがあります。場合によっては、また数ヶ月か、数年の治療を必要とすることもあります。十分な注意が必要です。うつ病という病気は、短期間で治る病気ではありません。焦らず、じっくり治療に取り組むことが非常に大切です。

TOP