診療時間
AM9:30~PM1:00
PM3:20~PM7:00
  処方薬について

処方薬について

抗うつ薬

うつ病は脳がうまく働いてくれない状態であり、薬による治療が有効と考えられています。
抗うつ薬は症状を改善し、安定した状態を保ち、再発を予防するためにも大切な薬のひとつです。抗うつ薬にはいくつかの種類があります。患者さんの症状や状態に応じて適切なものを処方します。抗うつ薬は近頃、副作用の少ない薬も出ており、これまでの抗うつ薬とは違い、服用しやすくなっています。
抗うつ薬は効果があらわれ始めるまでに通常1週間から数週間かかります。
症状に応じて抗うつ薬に加えて、睡眠薬や抗不安薬などを併用することもあります。

睡眠薬

不眠のタイプによって、処方する睡眠薬もそれぞれ変わってきます。寝つきがよくない、寝ても途中で起きてしまう、早く目が覚めてしまう、などの症状に相応しい睡眠薬をお出しします。抗不安薬、抗うつ薬、抗精神病薬なども服用していただくことがあります。
睡眠薬は、医師に指示された用法・用量を守って、正しく服用してください。睡眠薬とお酒は一緒に飲まないでください。睡眠薬の効果が増強されてしまうため、呼吸抑制などの危険が生じます。睡眠薬を服用したら、寝床に30分以内にはつくようにしてください。
服用していた睡眠薬を急に中止してしまうと、反動で不眠がかえって進行してしまうことがあります(反跳性不眠)。服用の必要が無くなったように思えても、医師の指示に従い、徐々に減らしてから、やめるようにしましょう。

TOP